カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ

青森まるごと福家ショップの代表をしている水口と申します。
いつも商品をご愛顧頂き、誠にありがとうございます!
私は青森県の自然豊かな田舎の農家の家に生まれ育ちました。
小さなころは田舎暮らしで、早く大人になって都会で仕事をしたいと思っていた普通の少年でした。
青春時代は野球やテニスに没頭した体育会系の日々を送っていました。
今でも時代に合わず「根性・努力」が大好きな性格です…。



社会人になり青森県のホテルグループに入社。様々なことを経験し最終的には30歳代には専務取締役として経営全般も学びました。

しかし当時の私は若く、沢山の先輩や仲間を巻き込んだチームワーク重視の仕事ができていなかったのでしょう。
事業はうまく推進できていたのですが、会社の中で孤立してしまい、私は18年お世話になった会社を40歳の年に退職し一からの出直しを決意しました。

これは絶体絶命!!


退職翌日からどのように生きていくか?
人生で初めて孤独な1ヶ月を過ごしました。
初めて自分の内面と深く会話していった結果、うまくいかなかった本質は自分自身だと気づき始めました。
本当はみんな私を手伝いたいのに、私が皆の思いを跳ねのけていたのだと気づいたのです。

だとすれば、この退職は自分を変えるチャンスだ!と気づきました。

今度は自分軸ではなく他人軸、人のために生きてみようと考え始めたのです。

とはいえマインドの変化だけでは妻と二人の子供を食べさせてはいけません。
まず考えた仕事は「温泉経営」でした。

ちょうど近隣に温浴施設の経営を委託したいという情報がありました。
私は何度も事業計画書をもってアタックし、2ヶ月後ようやく契約にこぎつけました。

温泉経営を選んだのは自己資金で勝負できる事業だと考えたからです。
当時の地方では、会社を退職した人間が新規事業で融資を引き出そうとしても非常に難しく…。
担保がなければ信用が低く、新規融資はとても難しい時代でした。
(今はベンチャーにチャンスがいっぱいある時代です!)
温泉事業は現金収入が入り、自分の経験したスキルと温泉施設の融合はあらゆる可能性を秘めていると考えました。

とはいえ敷金や前家賃を支払うと資本金はみるみる少なくなり…。
2カ月以内に計画売上に到達できなければ資金ショートで一家を路頭に迷わす背水の陣でした。



まずは社名、「TUGBOAT(タグボート)」

大型の船を沖合まで曳航(えいこう)するタグボート。
人のために生きようと決意した自分の気持ちを社名に刻み込みました。
スタッフの未来、商品を利用頂くお客様の未来、家族の未来をこのタグボートで曳航しよう!
そんな決意からでした。

スタートから温泉収入を軸に各種宴会、日帰旅行等と連動させた商品を投入し徐々に売上が安定してきました。
決してすべてにおいて順調ではなかったのですが、厳しい時期には必ず小さな奇跡が訪れました。
スタッフの支えやお客様の支えで、私は何度も救われたことを覚えています。

当時年商1億円の事業が3年で2億円と売上を2倍にすることに成功したのです!

徐々にですがスタッフの給与も上げていきました。
しかし全国ワースト2位の所得レベルの青森県で、多少給与水準が高くなってもスタッフの未来は大きくは変わりません。

一度しかない人生でTUGBOATとしての役割・・・。
スタッフや取引先、そしてお客様がもっと幸せになる方法はないのか?・・・。

そんな時、温泉をご利用されている女性のお客様からこんな一言が。
「せっかくお肌すべすべの温泉を好んで来るんだけど、入浴後に保湿効果がキープできるクリームを脱衣所あったらいいのに」と。

ならば保湿効果をしっかりと感じて頂けるジェルクリームをオリジナルで作ろう!
そして、青森の素材を沢山使ってみんなに喜んでもらおう!
という気持ちで「青森の恵みモイストジェルクリーム」を開発しました。




するとお客様から「このジェルクリームを東京にいる娘に送ってあげたい!」というお声を頂き。
!!(ピンッ)ときました。

このジェルクリームを全国の皆さんにお届け出来たら三方良しが実現できるかも?
ジェルクリームが売れると原料を支給する地元の農業者の方も喜ぶ!
商品が売れれば一人当たりの生産性も向上し、スタッフの収入UPも目指せる。
そして自分たちで商品開発し販売するノウハウを学び、地元の若者に還元出来れば地域の力になる!
そして青森発信の商品で全国のお客様が喜ぶ!

これならみんなが喜ぶ素晴らしいチャレンジになりそうだ!
僕が「人のために生きよう。」と思って会社を立ち上げた理念と、このジェルクリームの考え方はぴったりだと思いました。

そんな思いを胸に2017年「青森まるごと福家ショップ」事業をスタート

しかし1年間はインターネットで直接販売するノウハウもなく悪戦苦闘。
しかし徐々に自社オリジナルコスメが大手通販会社で扱われ、また雑穀商品が全国オンエアーされるなど光が差し込んできました。
まだまだこれからですが、日々チャレンジを続けていきます!

私は青森から発信する商品をベースにして、本気でみんながHappyになることを創造します。
しかし、この思いを成就させるためには並大抵の努力では実現できません。
本当の敵は外部にではなく、自分自身の心だと深く自覚しています。
人にも商品にも愛情をたっぷり注ぎ込んでみんなの幸せを追求したいと思います。

会社のスタッフの幸せ、地域の若者を育てる活動、世界のお客様の笑顔を目指すことで「人のための会社(私)」になれると信じます。

これから青森発で世界の人を笑顔にさせる素敵な商品リリースを目指します!
どうぞ温かく見守って下さい!


タグボートのスタッフの仲間達です!

最後までご拝読いただき、ありがとうございました!